クレジットカード審査基準とは

クレジットカード審査は何を見ているのか?

今の時代、誰でもクレジットカードを持っているのが普通になっていますね。
そのクレジットカード、実は申し込めば、いつでも、誰でも持てる、と言う訳ではないんです。

 

クレジットカードで支払うということは、あなたが商品を購入した代金をカード会社が一時的に肩代わりするということ。
なので、クレジットカード会社の信用がなければそんなことはしてくれませんよね。

 

クレジットカードを持つためには、クレジットカード会社の審査基準をクリアして信用を得なければならないのです。
 

審査不要のトラベルプリペイドカードは、こちらで紹介しています

 

そこで出てくる疑問がその審査基準ではないでしょうか。
まず、そのポイントを紹介します。

第一に 資力(Capacity)

資力というのは、クレジット会社が肩代わりした代金の返済能力を見る基準です。
クレジットカード発行の大前提として、カードを作る人に継続的で安定的な収入があるかどうかが判断されるということなのです。

 

職業・勤務先・雇用形態・勤続年数・年収などの項目が例として挙げられます。

 

第二に 性格(Character)

性格とは、カード作成者が返済日に遅れることなく返済する性格かを審査する基準です。
これは作成者の過去のクレジット利用履歴から判断され、クレジットカード会社は申込申請があると、
申込者のクレジットカードの過去の利用履歴などを信用情報機関に問い合わせます。

 

信用情報機関には、過去の申請者のクレジット利用履歴や信用情報を問合せた履歴などが管理されていて、
過去5年間にカード会社への支払いが遅れたかどうかという情報がわかるのです。

 

第三に 資産(Capital)

申請者の財産の中で、担保となりうる資産を確認する基準です。
自宅や土地・ビルなどの不動産を所有している場合は、返済時の担保として考えられるためカード審査を行う上で
かなり有利に考慮される傾向があります。

 

例えば…居住形態や居住年数 などの内容も審査基準の一項目になります。

 

  

専任のアドバイザーがご融資できる方向で相談を承ります。


他社でお断りされたお客様もまずはご相談下さい

 

レディースローン「なでしこ」

 

ビジネスローン用バナー

 

クレジットカード審査の方法(スコアリング・システム)

クレジットカード会社の審査基準がわかったら、今度は審査方法です。
審査方法として、クレジットカード会社では「スコアリング・システム」という方法を採用しています。

 

一般にスコアリングシステムというのは、クレジットカードや消費者金融の審査時に利用される重要なシステムで、
クレジットカードを作る時や金融機関でお金を借りようとした時に審査で合否の判定をするシステムとされています。

 

スコアリングシステムの内容は、各カード会社のブラックボックスであり、開発する会社や業種によって加点方法や重要視する要素は違ってきますが、
基本的な要素は変わらないと考えてよさそうです。
大手カード会社などでは、基本的な要素だけでなく独自の統計情報や今までの経験などをスコアリングシステムに取り入れることによって、
より利益率の高いシステムを作っているところもあるようです。
さらに、現在の社会情勢や自社の経営状態など、様々な要素を組して各カード会社はスコアリングシステムを随時アップデートさせているのです。

 

スコアリングシステムを理解しましょう。

カード申請者がクレジットカードを作成できるか?金融機関でお金を借りれることができるのか?
その可否は、大部分がスコアリングシステム次第と言えるのではないでしょうか。
ということは、スコアリングシステムの要素を知ることで、審査に通るために必要な基準が見えてくるということですよね。

 

そこで、その代表的なスコアリングシステムである「フェア・アイザック社の FICOモデルスコアリングシステム」を紹介します。

 

フェア・アイザック社のFICOモデルスコアリングシステム

過去の支払い履歴.....35%

スコアリングにおいて最も大きい割合を占めます。
過去の肯定的・否定的な情報の両方を鑑みて判定するのです。
例えば、過去11ヶ月以内に延滞のあった人のリスクは最も高いと判定されますが、12ヶ月以上延滞のなかった人のリスクは少ないと判定されることもあります。

現在の借り入れ残高.....30%

残高が大きいという理由ですぐにリスクが大きいと審査するわけではありません。
利用枠全体に対する利用割合が高い場合に、リスクがあると判断される傾向があります。

カード取引の長さ.....15%

今までの一定期間にわたって信用を維持してきたかどうかという基準です。

新規借入の打診.....10%

過去1年以内に新しくカードを作成したり金融機関から借入を行っている場合はリスクが大きいのではないかと判断されます。

現在利用している金融取引の形態.....10%

どれくらいのクレジットカードを保有しているか、また銀行のカードを作成しているかという基準からのリスク判定です。

このフェア・アイザック社のFICOモデルスコアリングシステムが一般的に導入されていて、
フェア・アイザック社の公式HPによるとそのシェアは、主要金融機関の90%以上にもなるということです。

 

CMでお馴染み『 楽天カード 』

充実したサービスと保障内容であなたをサポート。
ご利用金額に応じた利率で楽天スーパーポイントが貯まり、ポイント還元率はクレジットカードでは最高水準です。
楽天スーパーポイントは1ポイント1円として、50ポイントから、楽天市場のお買い物にご利用いただけます。
さらに、新規で入会された方には、もれなく「楽天スーパーポイント」を進呈中です。


 

  楽天カード